PHPを使えるようにプラグインを入れたので、振り分けをしていきます。

で、振り分け方をここ2~3日悩み中だったのですが、今回は「FLV Embedで表示される動画(FlashPlayerで見れるもの)」と「QuickTime Embedで表示される動画(iPhone・iPadなどmac関連で見れるもの)」を準備してるので、
・iOSデバイス
・それ以外
という振り分けをしたいと思います。

スポンサードリンク

結局悩んだ結果、またプラグイン使います。
1)管理画面>プラグインの新規追加で「mobble」を検索してインストール。有効化をします。
(※プラグインを使わずにスマホとそれ以外を振り分けするのは後に書きます)

「mobble」を有効化すると下記の条件分岐タグが使えるようになります。

is_mobile(); // モバイル全般(iPhoneやAndroidなど)
is_tablet(); // タブレット全般
is_ios(); // iOSデバイス(iPhoneとiPadとiPod)
is_handheld(); // 小型デバイス全般(phoneやtabletやNintendoDSなど)

タグなど、詳しくはこちらのサイトさんが掲載されてます。
WordPressでのデバイス振り分けプラグインの決定版「mobble」

2)投稿画面で振り分けるためのPHPを追加→「iOSデバイス」と「それ以外」で振り分け

<?php if(is_ios()) :?>
//iOSデバイス表示用
<?php else: ?>
//それ以外
<?php endif; ?>

上記を投稿画面に記述して実機で確認すると、振り分けられてると思います。

+++++++++++++++++++++++++++

ちなみに、プラグインを使用せずにスマホとPC&タブレットを振り分けする方法ですが

1)functions.phpに下記を追加します。

//スマホ表示分岐
function is_mobile(){
    $useragents = array(
        'iPhone', // iPhone
        'iPod', // iPod touch
        'Android.*Mobile', // 1.5+ Android *** Only mobile
        'Windows.*Phone', // *** Windows Phone
        'dream', // Pre 1.5 Android
        'CUPCAKE', // 1.5+ Android
        'blackberry9500', // Storm
        'blackberry9530', // Storm
        'blackberry9520', // Storm v2
        'blackberry9550', // Storm v2
        'blackberry9800', // Torch
        'webOS', // Palm Pre Experimental
        'incognito', // Other iPhone browser
        'webmate' // Other iPhone browser
    );
    $pattern = '/'.implode('|', $useragents).'/i';
    return preg_match($pattern, $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
}

2)投稿画面で振り分けるためのPHPを追加→「スマホ」と「PC&タブレット」で振り分け

<?php if(is_mobile()) :?>
//スマホ表示用
<?php else: ?>
//PC&タブレット
<?php endif; ?> 

参考サイト:
WordPressのis_mobile関数を使って、スマホとパソコン+タブレットで別々のコンテンツを表示させる方法