IMG_4245.JPG
※2015年時点のイベントのため、飲み比べのシステムなど少々変更されてるかもしれません。予めご了承ください。

毎年「行こう行こう」と思いつつ行けてなかった城島酒蔵びらきに今年はようやく行ってきました。

ちなみに城島酒蔵びらきとは、福岡県の城島町と三潴町にある9つの蔵元が酒蔵びらきをして、さらにメインとなる会場では飲み比べや角打ちや屋台など大人達がへべれけになる毎年恒例のイベントです。
城島酒蔵びらき

以前は一日しかなかった「城島酒蔵びらき」ですが、年々人気が広がり客足も増えているようで、今年は2日にわたって開催されてました。

スポンサードリンク

私たちが行ったのは二日目。最寄りの三潴駅に着いたときは、すでに13時半を過ぎていたのですが意外と人も多し。メイン会場へのバスは満員状態でした。
IMG_4247.JPG

「城島酒蔵びらき」はお初だったので、いまいちシステムがわからず右往左往してたのですが、とりあえずはお猪口をもらって飲み比べができるテントへ。
飲み比べは一人500円。西鉄の記念切符購入の人は400円で飲み比べができます。

そして飲み比べのテントは「普通酒~本醸造酒クラス」「純米酒クラス」「吟醸酒~大吟醸酒クラス」で分かれており、それぞれ2杯ずつ飲み比べができます。
面白いシステムですが、私たちは2日目の14時過ぎくらいに行ったので、人気のお酒はなくなっておりました。残念!やはりイベントに行くなら1日目か2日目の早い時間がおすすめのようです。

空きっ腹で飲むとやばそうなので、屋台で目についたものを買いつつの状態。へべれけの大人がいっぱいいました。
メイン会場でひとしきり飲んだ後、時間がギリギリだったのですが、一番近い「花の露」の酒蔵に直行。
IMG_4241.JPG
時間ギリギリでメイン会場でも飲めなかった大吟醸酒にありつけました。
IMG_4239.JPG

出足が遅かったせいか、今回あまり蔵元を回ることができませんでしたが、来年行くなら1日目から行こうと思いました。今度は蔵元中心で回りたいな~。